さっぽろ駅前クリニック ブログ

当クリニックのトピックスや、メンタルヘルスに関する情報を発信していきます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
復職デイケアの参加について

<現在、他院で治療中の方で、復職デイケア(リワークプラグラム)参加を考えている方へ>


9月より、当院で実施している復職デイケアにご参加いただく場合、
復職までの治療や情報の共有等をスムーズに行うために
参加期間中の当院への転院をお願いいたします。

しかし、デイケアに参加を始めるのと同時の主治医を変更することには
不安を感じる方もいらっしゃると思いますので、
2週間は主治医を変更せず復職デイケアに参加いただくことになります。
2週間の参加後、体調、参加状況と参加継続の意思の確認、相談をさせていただき、
継続参加する場合には当院に転院していただきます。


まず、毎週水曜日午後3時半から実施しています、「復職デイケア説明会」にご参加ください。
(電話でご予約ください。011−280−0556)

10月に入りました。
10月になりました。
本日より「復職デイケア」をより有意義なものにするべく、一部変更になります。
主な変更点は以下のとおりです。

1.実施時間が長くなります。
  9:00〜17:30に。復職後の勤務時間に近づきます。
  
2.参加費用
  時間変更に伴い自己負担額も変更になります。(保険診療内)

3.プログラムの増設
  従来のデイケアに、パソコンによる入力、社説の読み込み・要約といった
  現在の作業能力を測るプログラムが増えました。
  また「課題取り組み」を中心としたプログラムコースを増設いたしました。
  時間一杯パソコンや問題集などに取り組んでいただけます。

4.食事の提供(昼食・夕食 希望者のみ)
  参加者同士がコミュニケーションをはかる、参加者の健康の保持増進など、
  食事も治療の一環として提供させていただきます。

  復職、再就職にお役立てください。おてんき
復職デイケア 変更のお知らせ
当院の治療方針につきましてご理解いただき誠にありがとうございます。
「復職デイケア」をより有意義なものにするべく、10月から一部変更になります。
主な変更点は以下のとおりです。

1.実施時間が長くなります。
  9:00〜17:30に。復職後の勤務時間に近づきます。
  
2.参加費用
  保険診療内の医療費がかかります。
  時間変更に伴い自己負担額も変更になります。

3.プログラムの増設
  「課題取り組み」を中心としたプログラムを増設いたします。
  時間一杯パソコンや問題集などに取り組んでいただけます。

4.食事の提供(昼食・夕食 希望者のみ)
  参加者同士がコミュニケーションをはかる、参加者の健康の保持増進など、
  食事も治療の一環として提供させていただきます。

 詳細につきましてはまた改めてお知らせいたします 花
他院で通院中の方の復職デイケアについて
当院での復職デイケアはすでに他院で治療されている方も参加できます。

かかりつけの病院・クリニックの主治医の先生はそのままで、
復職デイケアのみ当院に通っていただく形となります。
主治医の先生からの紹介状が必要です。

詳しくは電話でお問い合わせください。
011-280-0556 
復職デイケア/木曜午後のプログラムについて
<木曜日:午後>
心理教育プログラム
復職デイケアでは、木曜の午後、保健師、心理士、薬剤師がそれぞれの専門性を生かしたテーマでレクチャーを行っています。
また、その内容から気づいたこと、感じたことなどを参加メンバー間でディスカッションし、健康に働いていくための自らの力として身に付けていただくことを期待しています。
また、会社でのコミュニケーションスキルを高めるためのSSTなども取り入れております。

さくらんぼ これまでに実施したテーマ
「ストレスとうまくつきあう方法」「禁煙について」「薬の副作用」など

*木曜の午前中は「フリートーキング」を行っています。
復職デイケア/火・金曜のプログラムについて
春から加わった復職デイケアの新プログラムをご紹介します。よつばのクローバー

<火曜日>
コンピューターグループワーク
提示された課題に関する情報をインターネットを使って収集。
その情報をグループで取捨選択してまとめ、発表資料を作成してプレゼンテーションを行ってもらいます。

<金曜日>
コンセンサストレーニング
グループに提示されるさまざまな課題に対し「どのように取り組んでいくか?」「コミュニケーションのとり方は?」「情報の判断は適切か?」など、メンバー間で十分なコンセンサスを取りながら、問題解決をはかっていきます。

*どちらも午前・午後を通して行うプログラムです。午後からの参加はできません。
*参加はステップ5のメンバー限定となります。
4月から復職デイケアが変わります!
NEW! 週5日実施&ステップ制導入

4月から復職デイケアが週5日制になります。
また、参加されている方の症状・状態、状況によりステップ1〜5までの5区分に分け、1週間の参加日数等を設定します。
その方の状態にあわせてご相談の上、ステップアップをはかっていきます。

《生活リズム改善プログラム》 STEP1〜STEP3
「朝は定時に起きる」「日中外出する」「昼寝の予防」など生活リズムを整えることを主な目的とします。

《リワークプログラム》 STEP4〜STEP5
職場の疑似体験をしていただき、そこで感じる不安や葛藤を解消・解決するための『自己解決力』を高め、復職だけでなく再休職を防ぐことを目的とします。

注意事項 !!
4月以降、復職デイケアにご参加いただく場合には、原則STEP1からの参加になります。
ただし、既に復職デイケアに参加されている方につきましては、いずれかのステップを選択していただき、状況に応じてスタッフ会議を行い、決定させていただきます。
プログラムは、月・水・木曜については現行と同じです。火・金曜については新プログラムとなります。
なお、詳しくは担当スタッフがご説明します。


☆4月第一週(4月2日(月)〜 6日(金))の復職デイケアはお休みさせていただきます。(診療、グループワークは通常通り行います)

【復職デイケア】 4月第一週のお休みについて
下記の期間、復職デイケアはお休みとさせていただきます。
  平成19年4月2日(月)〜6日(金)
※診療、グループワークは通常通り行います。

NEW! 予告:4月第二週より復職デイケアが変わります!
◆月〜金曜の週5日の実施となります。
◆参加される方の症状・状態、状況により段階的に参加日数を調整するステップ制を導入します。


詳細は追ってお知らせ致します。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

「復職デイケア 『報告会』 」 のお礼とご報告
ご報告が遅れましたが、7月26日、当院で開催致しました「第1回 復職デイケア 『報告会』」のお礼とご報告を申し上げます。

当報告会は、復職デイケア参加者とグループワーク参加者の総勢26名にお集まりいただき実施いたしました。
復職された方からの報告がメインでしたが、グループワークとデイケア参加者との交流会・同窓会の意味合いも強く、歓談時の様子を見る限りその目的も十分に達成できたのではないかと考えています。

報告は2名の方から頂きました。
それぞれ15分程度の時間ではありましたが、自分の現況、復職デイケアでの思い出、職に就くまでの苦悩など中身の濃い報告となり、参加された方も真剣に話を聞き、中にはメモをとられている方もいらっしゃいました。
最後はその場にいたスタッフを合わせた30人強のメンバーが、1つのグループへとまとまっていくパワーを強く感じました。

今回は初めてということで、スタッフも不慣れな点がございましたが、皆様方のご理解とご協力のもと、無事幕を閉じさせていただいたと感じ、深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
これを一歩として、2回目以降を企画していきたいと考えていますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 クリップ 『復職デイケア』について
当院で実施しているデイケアはメンタルクリニックとして北海道内初、全国でも数少ない復職のためのプログラムを行っています。今年1月にスタートして半年が過ぎ、約30名の方に利用していただき、復職した方も増えてきました。
このプログラムの主たる目的はもちろん「復職」ではありますが、同時に同じ悩みを抱えた方が気持ちを分かち合い仲間になる良い機会でもあります。
今回の報告会も現在利用していただいている方から、既に職場復帰した方と会って話がしたいとの声もあり、開催に至りました。


クリップ 『復職デイケア』概要
実 施 : 毎週月曜日と水曜日ともに10時〜16時までの6時間
特 徴 : 道内初、医学・心理学的視点から復職を目指すデイケア、職場の状況を再現しそこで感じる「不安」を取り扱います
◎月曜日 / 午前:プレゼンテーション---午後:ディベート  
◎水曜日 / 午前:フリートーキング--- 午後:心理教育